みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ

YAMAGATA BIENNALE|NEWS & TOPICS

山形ビエンナーレ2016が開幕しました

2016.09.03

本日、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」が開幕しました!
9/3(土)から9/25(日)の23日間にわたり、45組のアーティストと地元市民が、山形市内を中心とした歴史的建造物やリノベーション物件、文化施設などで、アート、音楽、文学、ファッション、食、ツアーなど多彩なプログラムを展開いたします。
各会場入場無料(一部公演は有料)です。

「山をひらく」をテーマに、「みちの(お)く」へのアートの旅の入り口をひらいた2014年の前回展。
2016年の第2回テーマは「山は語る」。山形のまち、人、山、モノからどんな物語が生まれ、語られていくのか。
ぜひ物語の舞台となる「山形」で体感してください。
常設展示、ショップ、カフェの他、毎週末に行われるライブやトークイベントも見所です。
たくさんの皆様のご来場をお待ちしております!

●開催概要
みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016
会期=2016年9月3日[土]ー9月25日[日]
テーマ=山は語る
主催=東北芸術工科大学

会場=山形県郷土館「文翔館」、とんがりビル、BOTA coffee & BOTA theater、山形県緑町庭園文化学習施設「洗心庵」、水の町屋「七日町御殿堰」緑地、丸八やたら漬旅籠町立呑処、ミサワクラス、観光文化交流センター 「山形まなび館」、旧西村写真館、ギャラリー絵遊・蔵ダイマス、乃し梅本舗佐藤屋本店、やまがた藝術学舎、東北芸術工科大学 ※開館時間・休館日等は施設によって異なります。
※月曜休館の施設が多いのでご注意ください。

参加アーティスト=アカオニ/アトツギ編集室/あふりらんぽ/荒井良二/いしいしんじ/石巻工房/市プロジェクト/稲葉まり/岩井天志/大槌秀樹/大橋文男/大原大次郎/華雪/川村亘平斎/岸野雄一/熊谷和徳/坂本大三郎/佐藤慎太郎/スガノサカエ/鈴木ヒラク/spoken words project/ソケリッサ!/滞空時間/田中望/寺尾紗穂/東北画は可能か?/トゥルーリ・オカモチェク/ナカムラクニオ/中山晴奈/野村誠/久松知子/ひじおりの灯/平澤まりこ/WHITELIGHT/三瀬夏之介/みちのおくつくるラボ/水野健一郎/ミロコマチコ/村井純平/森岡督行/やまがた藝術学舎スタジオ/吉川倫平/吉増剛造/ラティール・シー/和合亮一 (五十音順/敬称略/個人、団体名、プロジェクト名等を含みます)
後援=山形県、山形市、山形県教育委員会、山形市教育委員会
助成=平成28年度文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業(市プロジェクト)、公益財団法人福武財団、公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団、公益信託荘内銀行ふるさと創造基金