みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ

YAMAGATA BIENNALE|NEWS & TOPICS

9/23シネマ通りの夜「影のない世界」を上映。ゲストに川村亘平斎

2016.09.23

映画館が建ち並んでいた七日町「シネマ通り」も、現在はすべての館が廃業してコインパーキングやカラオケ店に姿を変え、フィルムを模した山形銀行本 店前のモニュメントだけが、かつての商業映画の繁栄を伝えている。そんなシネマ通りに映画の熱気を取り戻そうと、「山形国際ドキュメンタリー映画祭」若手 スタッフが山形ビエンナーレ2016とのコラボ上映会を企画した。参加アーティストにまつわる映画の上映と、シネマとアートのクロストークを開催。最終夜 のゲストは影絵師の川村亘平斎。

影のない世界で

シネマ通りの夜|『影のない世界』(金曜上映会特別版/監督:クー・エンヨウ/2011年)
アフタートーク=川村亘平斎×日下部克喜
時間=各回17:30開場 18:00開映(各上映90分+トーク)
入場料=500円〜(ワンドリンク制)
会場=BOTA coffee 2F「BOTA theater」
共催=山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局
企画=堀賢一郎
・当日16:00より会場にて入場整理券を発行します。
・満席の場合は入場を制限させていただく場合があります。

上映作品の概要はこちら→http://www.yidff.jp/news/16/160801.html

 

川村亘平斎 (かわむら・こうへいさい)
ガムラン奏者・影絵師・イラストレーター。1980年東京都生まれ。影絵と音楽を中心にイラスト、デザイン他多方面に活躍する芸術家。ソロユニット「TAIKUH JIKANG滞空時間」(2009~)を始動し、東南アジアツアーや細野晴臣氏のイベント出演、漫画「宇宙兄弟」とのコラボPVなどに参加。ソロ名義でYAMAHAバイクPV(2015)、アウトドアブランドcolombiaPV(2016)他に楽曲提供。影絵シリーズ企画「ボクと影絵と音楽」(2009~)、「丸亀影絵通り」(2013/香川県丸亀市)、「恵比寿映像祭」(2014/東京都立写真美術館)、「サントリー美術館影絵WS」(2014/六本木アートナイト)、「川村亘平斎と田中馨の影絵と音楽」DVD制作(2015)、影絵個展「MATA AIR」(2015/神奈川県相模原市)、ceroのアルバムジャケット、MVに影絵作品提供(2014,2015)ほかを制作。日本各地に赴きワークショップや取材を通じて、「地蔵について」(2014/山形ビエンナーレ)、南相馬影絵「ヘビワヘビワ」(2015/福島県福島市)、「巷説昌福寺縁起」(2016/山梨県巨摩郡)などを制作。土地に残る物語を影絵作品として再生させ、現代日本と伝統的な感性をつなぐ新たな「芸能」を発信し続けている。インドネシア共和国・バリ島に音楽留学(2003)。平成28年度第2

7回五島記念文化賞美術新人賞受賞(2016)。http://taikuhjikang.com/kawamurakoheisai/

 

kawamura

第二夜_02