みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ

YAMAGATA BIENNALE|NEWS & TOPICS

9/24 絵解きナイト最終夜|「シリア・モナムール」上映会&トーク「映画とこれからのモノ語り」坂本大三郎×林海象

2016.09.23

芸術や芸能の発生や民間信仰に関心を持ち、とんがりビルの「十三時」を拠点にフィールドワークや執筆、造形表現をおこなっている山伏の坂本大三郎。「絵解 きナイト」では、坂本が旅のなかで出会ったモノや学んだ技術、触れてきた信仰や地域文化を日替わりで紹介しながら、自然や土地の読み方について語る。
4回目となる最終夜は2部構成。

02

第4夜(最終回)|9月24日[土]

16:00〜「シリア・モナムール」上映会(1,000円)
山形国際ドキュメンタリー映画祭/優秀賞受賞作品を上映。

18:30~20:00 「映画とこれからのモノ語り」(予約不要・入場無料)
林海象(映画監督)×坂本大三郎

その昔、山伏は絵を携え旅をして各地で絵を解きながら物語を語った。そのことで人は世界の中に自分を位置づけることができるように感じた。いま世界を物語 る絵・イメージといえば映画が思い浮かぶ。これから僕たちはイメージの中にどんな物語を投影していくことができるだろうか。映画について、物語について、 文化について、自然について、映画監督・林海象と坂本大三郎がモノ語る夜。

*定員25名/各回の開始1時間前より、とんがりビル1階「十三時」で整理券を配布します。

開催日=9月24日[土]
会場=とんがりビル2F「サンデーブース」〒990-0042 山形県山形市七日町2丁目7-23 とんがりビル2階
主催=東北芸術工科大学
共催=株式会社マルアール
協力=サンデーブース
問合せ=023-627-2091、biennale@aga.tuad.ac.jp(東北芸術工科大学 山形ビエンナーレ事務局)