みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ

YAMAGATA BIENNALE|NEWS & TOPICS

プレイベント「みちのおくNIGHT」第2夜報告

2014.06.24

michinookunight2

「みちのおくNIGHT」第2夜は、トラフ建築設計事務所の禿真哉さん、スポークンワーズプロジェクトの飛田正浩さん、編集家の紫牟田伸子さんを、山形ビエンナーレ音楽部門ディレクター・岩井天志さんの西麻布の事務所「シマウマサロン」にお招きして実施しました。この日のメンバーは全員、トラフ建築設計事務所が山形ビエンナーレで発表する「WORLD CUP」のユニフォーム(デザインはSTORE)を着て登壇。シマウマサロンのエスニックなインテリアとあいまって、まさにブラジル大会っぽいロケーションに(笑)。お話は中盤でボールをまわすごとく「野性と言葉」「感情を喚起させる」「体験と学び」「笑いのエッセンスを加える」「面白いより楽しい」「地域を編集する」「”同時代性“の見える化」などなど、縦横無尽に展開。トークの記録は後日公式ウェブサイトに掲載しますのでどうぞお楽しみに。

次回3回目の「みちのおくNIGHT」は、6月28日[土]18:00—21:00。会場は荻窪のブックカフェ6次元、ゲストは福島在住の詩人・和合亮一さんです。
お申し込みはコチラ→ http://biennale.tuad.ac.jp/news/