みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ

YAMAGATA BIENNALE|NEWS & TOPICS

Goma『お団子ワークショップ』好評開催中!

2014.09.29

odango_ws1

文翔館中庭のGoma小屋では、山形の保存食からうまれた新感覚の『お団子ワークショップ』を連日開催しています。

このワークショップは、みちのおくつくるラボ第1期FOOD LABOで、Gomaと市民受講生が協力してできあがった「食の体験型ワークショップ」です。囲炉裏場を模したホットプレートでお団子を焼き、山形の食材をつかった餡やシロップ、オリジナルのふりかけ『山形グラノーラ』をまぶして食べます。

『山形グラノーラ』は、山形の家庭でつくられていたお米の保存食「たな米」と、手づくりパンNOUKAさんがつくるグラノーラをミックスした、山形オリジナルのグラノーラです。
お団子は山形市にある絣屋さんの白団子を使用し、お団子と山形グラノーラをつなぐ餡やシロップは、のし梅でお馴染の佐藤屋さんにご協力をいただき、山形グラノーラを引き立たせる美味しい組み合わせになっています。

日時:9月20日[土]〜10月19日[日](10/6休館)
   平日=14:00→16:00/土日祝=午前の部10:00→12 :00・午後の部14:00~16:00
会場:文翔館中庭『Goma小屋』
参加費:300円(お団子1本/お好みの餡とシロップ/山形グラノーラ)
お団子の購入方法:文翔館前庭の「みちのおく商店」で『お団子ワークショップチケット』をご購入ください。ご購入いただいたチケットは、ワークショップ会場となる中庭へお持ちいただき、お団子と引き換えいたします。