ネギを刀みたいに持ち運べる
サヤバッグを作ろう!

9月11日(日)
13:00−15:00
藤原麻里菜(コンテンツクリエーター)
A やまぎん県民ホール
やまぎん県民ホール 特設ブース
ワークショップ

ネギを刀のように持ち運べる刀のサヤの形のバッグを作ります。布を縫い合わせアイロンプリントで山形の武将の家紋などデコレーションしましょう。

美術の學校
「つくる」「つかう」「あそぶ」「かんがえる」の4つをキーワードに、やまぎん県民ホールと山形クリエイティブシティーセンターQ1にて本格的な創作ワークショップを実施します。東北の地で「やってみたかった!」が味わえます。ぜひ遊びにきてください。

ネギを刀のように持ち運べる刀のサヤの形のバッグを作ります。布を縫い合わせアイロンプリントで山形の武将の家紋などデコレーションしましょう。

参加方法
無料(要予約)
定員
10
ご予約はこちら

<応募資格> 
小学生以上(小学2年生以下は保護者同伴)

<注意事項>
■針とアイロンを使用します。
■本ワークショップで制作した成果物は、9/23〜9/25にやまぎん県民ホールにて展示いたします。展示終了後、皆様のもとへ郵送させていただくこととなります。
■貴重品等は会場内のコインロッカーをご利用いただく等、各自管理をお願いいたします。

<申し込みについて>
■上記「ご予約はこちら」からお申し込みください。申し込み期限は8月22日17時(月)までとさせていただきます。
■お申し込みのご連絡はお一人様ごとにお願いいたします。
■応募が多数の場合、参加の可否は抽選とさせていただきます。抽選結果は8月25日(木)までにメールにてご連絡させていただきます。また、各ワークショップの応募者数が募集定員の3倍に到達した時点で、募集を締め切らせていただきます。
■迷惑メールやブロックにならないよう、あらかじめメールの受け取り設定をお願いいたします。
■8月31日(水)までにご連絡がなかった場合、お問合せ先までご連絡ください。
■不慮の事態を除き、キャンセルのないようにお願いいたします。万が一の場合は、お問い合せ先までメールにてご連絡ください。
■収集した個人情報は当日までの連絡手段として使用いたします。イベント当日に起きた万が一の事態を除き、第三者に提供することはありません。

<お問合せ先>
○山形ビエンナーレ美術の學校プロジェクト
〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
Mail:bijyutu.no.gakkou@gmail.com

  • 藤原 麻里菜(Marina Fujiwara)
    コンテンツクリエーター、文筆家、株式会社無駄 代表取締役社長

    頭の中に浮かんだ不必要な物を何とか作り上げる「無駄づくり」を主な活動とし、YouTubeを中心にコンテンツを広げている。

    1993年 横浜市に生まれる
    2012年 吉本総合芸能学院東京校(東京NSC ) 18期 卒業
    2013年 よしもとクリエイティブ・エージェンシーの支援の元、YouTubeチャンネル「無駄づくり」を開設。

    現在に至るまで200個以上の不必要なものを作る。2016年、Google社主催「YouTubeNextUp」に入賞。2018年、国外での初個展「無用發明展- 無中生有的沒有用部屋in台北」を開催。25,000人以上の来場者を記録した。2020年 Forbes Japanが選ぶ「世界を変える30歳未満」30 UNDER 30 JAPANに選出される。

美術の學校
「つくる」「つかう」「あそぶ」「かんがえる」の4つをキーワードに、やまぎん県民ホールと山形クリエイティブシティーセンターQ1にて本格的な創作ワークショップを実施します。東北の地で「やってみたかった!」が味わえます。ぜひ遊びにきてください。