Designing with Nature
命の仕組みから学ぶ
パーマカルチャーデザイン

9月26日(土)
10:30-12:00
講師=フィル・キャッシュマン
(パーマカルチャーデザイナー)
いのちの学校
レクチャー
ZOOM配信

豊かな暮らしの根っこには澄んだ空気、流れる水、安全な食べ物、そして快適な暮らしの場。自然と戦わず、命を流れ行くエネルギーが描くパターンに寄り添って命豊かな文化をリデザインしていくムーブメント、パーマカルチャー。
今気候変動とCovidに大きく揺さぶられている人類に必要な自然から学ぶヒントとパーマカルチャーデザインの根本を二回の90分オンライン(ライブと録画)講座を通じてシェア。

開催日

Part I 「なぜパーマカルチャー?・パーマカルチャー入門」
2020年9月26日[土]

Part II「森から学ぶデザイン私法・創造性から進化する暮らし」
2020年9月27日 [日]

※Part IとPart IIは内容が繋がるので両方参加がおすすめです。

  • フィル・キャッシュマン

    パーマカルチャーデザイナー/1971年佐渡生まれ渋谷育ち。1989年米国へ物理学と彫刻を学びに行く。1994年から東京でアートっぽい活動をし、1999年西オーストラリアのブッシュに3年引きこもる。2002年NYのWTC事件と彼女にフラれるダブルパンチを受け日本に戻ってしばらく紀伊半島を野宿し歩き回る。結果日本と恋をする。神奈川県で古民家を借り廃材で空間や家具作りをのんびり楽しむ。2007年、長女が誕生、パーマカルチャーの父ビルモリソンと出会い、パーマカルチャー一色に染まる。2010年からパーマカルチャーファシリテーターとして学校、保育園や里山でワークショップや場作りを行ってます。2012年に南房総でパーマカルチャーAWA(農園)を設立。快適な暮らしに必要な要素が含まれる循環型コミュニティースペースをみんなで作り上げるプロセスにハマってす。

YAMAGATA BIENNALE ARCHIVES
201420162018
ページの先頭へ