• トラフ建築設計事務所+石巻工房 〈さんもん〉最新パース
  • 山形県大江町にて、西山杉取材風景
  • 〈World Cup〉2016年出品作
  • 〈AA STOOL〉石巻工房+トラフ建築設計事務所
  • トラフ建築設計事務所・禿真哉と鈴野浩一/Photo: YOSHIAKI TSUTSUI
  • 石巻工房

トラフ建築設計事務所+石巻工房 | さんもん

2014年に開催された第一回山形ビエンナーレで、文翔館前庭に円形のサッカーコートを出現させ、山形市民を驚かせた気鋭の建築家ユニット+世界初のDIYメーカーのチームが再結集。山形県のブランド木材〈西山杉〉を使って、傑作椅子〈AA STOOL〉を基にした構造物を文翔館に設置する。

展示タイトル=さんもん
展示会場=文翔館 前庭
公開時間=9:00〜16:30
協力=西山杉利活用推進コンソーシアム

 

山形ビエンナーレ2018のメイン会場となる、重要文化財・文翔館の前庭に、同展のテーマ「山のような」を体現するシンボルを製作した。芸術祭へのゲートという意味合いを込めて”さんもん”と名付けた。さんもんは、山形県のブランド木材である西山杉を使い、石巻工房との共作AAスツールを巨大化したものが山脈のように連なって人々を迎える。構造体が屋根となり、その下では山形の地酒がふるまわれ、人々の集いの場ともなっている。また、新酒ができたことを知らせる杉玉のペンダントがさんもんに彩を与えている。
神聖な山への入口のようでありながら、祝祭的な賑やかさも生み出し、芸術祭に訪れる人々に寄り添ったシンボルを目指した。
(トラフ建築設計事務所〈さんもん〉のためのテキストより)

トラフ建築設計事務所(Torafu Architects)/鈴野浩一(すずの こういち)と禿真哉(かむろ しんや)により2004年に設立。建築の設計をはじめ、インテリア、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。2016年に作品集「トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト」(TOTO出版)を刊行。

石巻工房(Ishinomaki Laboratory)/2011年の東日本大震災をきっかけに宮城県石巻市に生まれた家具ブランド。建築家の芦沢啓治を中心にデザイナーら有志が集まり、復興・復旧のために自由に使える〈地域のものづくりの場〉として石巻工房を設立。翌年、石巻のまちなかに移転し、工房を拠点に「DIY」「デザイン」「家具」をキーワードとした支援・制作を行う。2012年グッドデザイン賞「BEST100」「復興特別賞」受賞。現在、「株式会社 石巻工房」として法人化し、芦沢と工房長の千葉隆博を中心に石巻市渡波で家具制作・販売のほか、ワークショップを通じて、ものづくりの魅力を発信し続けている。