• 森岡督行〈畏敬と工芸〉活動報告展にて/2017年
  • 〈畏敬と工芸〉活動報告展より/2017年、とんがりビル
  • 〈畏敬と工芸〉研究会に参加した市民によるハンズアウト
  • 沖潤子作品
  • 橋本雅也作品
  • サカキトモコ作品

森岡督行 | 畏敬と工芸

災害や自然への畏れや敬いのイメージが、造型としてどうのこされているかを、山形に伝わる素朴な郷土玩具や、現代の工芸作家たちの仕事のなかに見出し提示する、森岡書店店主・森岡督行による企画展示室。

展示タイトル=畏敬と工芸
協力出出品=沖潤子、橋本雅也、サカキトモコ
展示会場=文翔館 3階第一・第二会議室
公開時間=9:00〜16:30
企画協力=ガッタハウス、株式会社金入、真室川町立歴史民俗資料館、笹野民芸館、笹野一刀彫組合、五十嵐嘉行、本郷だるま屋、UMEKI DESIGN STUDIO
協力=岩井巽、位部恵理、大江よう、沖津直美、菊池芙生子、金洸志、齋藤則子、杉山ひかる、鈴木伸夫、田村岳男、土屋理奈、野田晶子、渡部萌、工藤拓也、難波知子、柴山修平

 

森岡督行(Yoshiyuki Morioka)/森岡書店店主。1974年山形県生まれ。「1冊の本を売る書店」がテーマの株式会社森岡書店代表。著書に『BOOKS ON JAPAN 1931−1972』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋』(晶文社)、『本と店主』(誠文堂新光社)等がある。『工芸青花』(新潮社)編集委員。森岡書店のビジュアルデザインが、ドイツのIFデザイン賞とイギリスのD&AD賞を受賞。