• 空気公団。左から、戸川由幸、窪田渡、山崎ゆかり
  • アルバム〈僕の心に街ができて〉志村貴子の描き下ろしイラスト

空気公団2DAYS | 僕の心に街ができて

音楽

昨年結成20周年を迎えた空気公団の新作〈僕の心に街ができて〉は、メンバー3人のみで制作したアルバム。空気公団の音楽のなかにある街の日常を感じさせる珠玉の10曲を、空きビルを再生させた〈とんがりビル〉のギャラリーで演奏する2日間。1日目はこれまで数々の空気公団のジャケットを描いてきた荒井良二がゲスト出演する。

開催日=2018年9月16日[日]、17日[月祝]
時間=18:30〜20:00(開場18:00)
会場=とんがりビル1階 KUGURU

出演=
空気公団
荒井良二(アーティスト・絵本作家)*9/16のみゲスト出演

舞台美術:宮本武典+TIMBER COURT
料金:coming soon
席種:全席自由 *申込受付順の入場になります。
お申し込みは2018年7月2日[月]11:00より受付を開始いたします。

空気公団(KUKIKODAN)/1997年結成。メンバー交代を経て、現在は代表の山崎ゆかり(歌・作詞曲)、戸川由幸(ベース・ギター・録音)、窪田渡(鍵盤・編曲)の3人で活動中。ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源制作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライブや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にしたイベント、制作物等、枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。2016年2月には山崎ゆかりがトータルプロデュースした花澤香菜のニューシングル「透明な女の子」が多方面から話題を呼んだ。そして結成20周年イヤーとなる2017年には、4月に初の中国・上海公演を実施。また、「Anthology Live 企画」も開催し、6月にはAnthology Live vol.1として曽我部恵一をゲストに迎えてビルボードライブを東京と大阪で開催。また9月にvol.2としてクラムボン、12月のvol.3はceroとツーマンライブを開催し、どちらもチケット即完となり大盛況なライブとなった2018年5月に「Anthology Live Final」をEX THEATER ROPPONGIにて開催。5月23日に待望のニューアルバム「僕の心に街ができて」をリリースし、7月よりライブツアー開催予定。