まちとひと

山形駅前大手門通りすずらん商店街を舞台に、アーティストやデザイナーが市民とともに、共存や共働、多様性や調和、学びや営みといったテーマで様々なコンテンツを展開していきます。市民・アーティスト・デザイナーの三者による、新しい「街と人のかたち」について多角的な視点で検証していくプログラムです。

  • 美術の学校

    美術(=アート・デザイン)と街とをつなぐ、夜のオンライン学校。芸工大で教鞭を執る教授陣が中心となり、アートやデザインが街(=地域)とどのように共存していくのかを「学び」として提供します。

  • まちとアート

    プロジェクト参加アーティストによる、アートと街をつなぐトークライブ。山形や芸工大とゆかりのあるアーティストたちが、街(=地域)とアートの共存や共働について各自の視点から探っていきます。

  • まちとデザイン

    山形や東北の街(=地域)の営みとデザインの関わりを多角的に検証していきます。昨年で11回目を数える「山形エクセレントデザイン」の取り組みを通して、山形のデザイン活動についても俯瞰的に捉えていきます。(山形エクセレントデザインとの共同企画)

  • まちのおくゆき

    多様性の受容・調和などをテーマに、障害のある人の表現活動が街や人とどのように関わっていくのかを検証するトークライブ。日本各地の取組みも紹介しながら話題を展開していきます。(やまがたアートサポートセンターら・ら・らとの共同企画)

  • eコマース販売

    畜産農や酒造など、山形ゆかりの営みにアートやデザインを掛け合わせ、どのような化学変化がおこるのかを実験・販売していきます。

担当キュレーター=青山ひろゆき、アイハラケンジ、安達大悟
タイトルグラフィック=佐藤裕吾、杉の下意匠室、土澤潮、𠮷田勝信、吉野敏充
会場設計=あーとdeコレクティ部、ハレの養生
撮影/配信=濱田直樹

配信拠点=山形駅前大手門通りすずらん商店街 土井ビル
展開メディア=オンデマンド配信、ライブ配信、ネット販売

文化庁:街とアートのマルチプレイ

参加予定アーティスト

青山ひろゆき(画家)、阿部弘俊(阿部産業)、あーとdeコレクティ部(コレクティブ)、イシザワエリ(アートワークショップデザイナー)、岩井巽(カネイリ)、小野貴之(とまとや よずべぇ)、大森弘之(版画家)、大山顕(写真家)、大脇理智(芸術家)、岡部信幸(山形美術館副館長/学芸員)、新潟県アール・ブリュット・サポート・センター NASC(角地智史・坂野健一郎)、金子朋樹(画家)、木原正徳(画家)、熊谷太郎(La Jomon)、小板橋基希(デザイナー)、鴻崎正武(画家)、小林竜也(はじまりの美術館)、小林伸好(漆作家)、近藤柚子(さくらんぼ共生園)、今野僚大、酒井聡(デザイナー)、坂井奈緒(こめやかた)、佐藤敬子(ながいアートプロジェクト代表)、佐藤慎太郎(乃し梅本舗佐藤屋)、佐藤有華(ダンサー)、佐藤裕吾(デザイナー)、佐々木理一(陶芸家)、澤口俊輔(美術家)、澁谷和之(デザイナー)、末永敏明(画家)、杉の下意匠室(デザイン事務所)、武田和恵(やまがたアートサポートセンターら・ら・ら)、土澤潮(デザイナー)、土澤修次郎(木工職人)、長沢明(画家)、仲野あかり(出羽桜酒造)、中村桂子(版画家)、二戸勝也(nokatachi)、NOPS(石原葉・大野菜々子・柏倉風馬・中村ゆり)、萩原尚季(デザイナー)、原田祐馬(デザイナー)、ハレの養生(渋谷七奈・福田美里・前田明日美・増子博子)、福原和輝(食の力コーポレーション)、藤井克英(たんぽぽの家)、藤田寿人(デザイナー)、細川貴司(画家)、保田井智之(彫刻家)、松田佳祐(松田農園)、松村泰三(造形作家)、村上滋郎(美術家)、室井公美子(美術家)、屋代敏博(写真家)、柳田哲雄(テキスタイルデザイナー)、山形県工業技術センター(大場智博・木川喜裕・月本久美子)、山田和寛(デザイナー)、山本製作所(遠藤ゆか・三瓶智昭)、ユーモラボ(デザインユニット)、𠮷田勝信(デザイナー)、吉野敏充(デザイナー)、四倉由公彦(ミュージシャン)、若月公平(版画家)、わたしの会社、渡邉吉太(デザイナー)

キュレータープロフィール

  • 青山ひろゆき(Hiroyuki Aoyama)
    1977年、福島県生まれ。山形市在住。2001年東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科修士課程修了。
    絵画制作を主体にインスタレーションなど多様な表現による作品を国内外の美術館やギャラリー、アートフェアなどで発表をしています。また、ワークショップやアートイベントの企画運営、ライブアートプランナー、企業コラボなど美術というジャンルを横断的にとらえた活動もしています。主な発表歴は、第4回夢広場はるひビエンナーレ 奨励賞(2002)、第10回青木繁記念大賞展 優秀賞(2005)、「生まれるイメージ」山形美術館(2005)、「ゆらめく日常アートの交差点」郡山市立美術館(2009)のほか、個展では、いわき市立美術館、清須市はるひ美術館、喜多方市立美術館、GALERY IDF 、YUNG ART TAIPEI(台湾)、ART BEIJING(中国)、西武池袋本店、仙台三越、靖山画廊、アートフェア東京などがあります。
  • アイハラケンジ(Kenji Aihara)
    1974年東京都生まれ、仙台市育ち。東北芸術工科大学卒業、同大学院修了。主な活動領域はデザインとその周辺。株式会社コンセント取締役を経て株式会社アイケン代表。halken LLP(ハルケン)共同主宰、inukkuma! LLP(イヌックマ)共同主宰、株式会社Q1取締役。武蔵野美術大学(2000~2010年)、専修大学(2006~2009年)等の非常勤講師も歴任。2014年より東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科准教授。主な賞歴として、AMDアワード(ベストディレクター賞)、山形エクセレントデザイン(コミュニティデザイン賞)、デザイングランプリTOHOKU(グランプリ、奨励賞)、TOKYO TDC(入選)、SIGCHI(選出)など。山形ビエンナーレには、2014年・2016年に「スガノサカエ図画展」キュレーション、2018年に「現代山形考」展示・構成デザインで参加している。
  • 安達大悟(Daigo Adachi)
    愛知県出身。2010年に金沢美術工芸大学工芸科を卒業。2012年に金沢美術工芸大学美術工芸研究科工芸専攻修士課程を修了後、金沢卯辰山工芸工房に入所。その後、3年間の研修を経て同工房の専門員となり4年間勤務する。2019年に東北芸術工科大学美術科テキスタイルコース講師となった。手掛けた多くの作品は、「板締め絞り」という染織伝統技法を用いたタペストリーの制作やワンピースやバッグなどの制作であるが、ホテルユニホームのデザインを始め、トロフィーなどの先端技術を応用したデザイン、企業とのコラボレーションなど、テキスタイル分野を超えた仕事も手がける。受賞歴として、2009年 能登珪藻土コンロコンテストグランプリ、2012年 ジャパンテキスタイルコンテスト2011 シーズ賞、奨励賞、2013年 第7回雪のデザイン賞佳作、第40回石川県デザイン展石川県クラフト協会会長賞、2017年 国際北陸工芸サミットU50アワード奨励賞など。

プログラム

9月5日(土)

9月6日(日)

9月11日(金)

9月12日(土)

9月13日(日)

9月18日(金)

9月19日(土)

9月20日(日)

9月21日(月)

9月22日(火)

9月25日(金)

9月26日(土)

9月27日(日)

開催期間中

オンラインストア

  • 吉野敏充、小野貴之(とまとや よずべぇ)、大森弘之、坂井奈緒(こめやかた)、二戸勝也(nokatachi)、NOPS(石原葉・大野菜々子・柏倉風馬・中村ゆり)、福原和輝(食の力コーポレーション)、松田佳祐(松田農園)
    ネット販売、その他
    オンラインストア
    ネット販売予定
    まちとひと

七つのプロジェクト

  • PINK PUBLIC PROJECT
  • いのちの学校
  • 土と人 2020
  • 現代山形考〜藻が湖伝説
  • 10年の器 10年の菓子
  • 山の上の陶器市
  • まちとひと
YAMAGATA BIENNALE ARCHIVES
201420162018
ページの先頭へ