応援する

浅野友理子

浅野友理子

あさの・ゆりこ

画家。1990年宮城県生まれ。2015年東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻洋画研究領域修了。土地の食文化や植物の利用法を学ぶために様々な土地を訪ね、出会った人々とのやりとりや自身の体験をなぞり、その土地で受け継がれてきたものを記録するように絵画を制作している。「VOCA展2020 現代美術の展望―新しい平面の作家たち」大原美術館賞受賞。主な個展に、「種の温床」(SNOW Contemporary、2023年)、「つづり思考」(風の沢ミュージアム、2023年) 、「掏い交ぜ」 (ビルドスペース、宮城、2021年)。グループ展に、「土とともに美術にみる〈農〉の世界―ミレー、ゴッホ、浅井忠から現代のアーティストまで―」(茨城県立近代美術館、2023年)、「青森EARTH2019いのち耕す場所農業がひらくアートの未来」(青森県立美術館) 、「若手アーティスト支援プログラムVoyage」(塩竃市杉村惇美術館、2016年)、「たべるとくらす」(はじまりの美術館、2016年)など。

一覧へ戻る

東北芸術工科大学

応援する