「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」は、東北芸術工科大学が2年に1度主催する芸術祭で、今年で4回目を迎えます。過去3回、山形市内を舞台に様々な芸術作品、活動を発表してきましたが、山形ビエンナーレ2020では芸術監督に現役医師であり芸術分野に造詣の深い稲葉俊郎氏を新たに迎え、世界の状況が一変した中で芸術祭の新しい可能性を示すべく、オンラインを中心としたプログラムを展開します。多くのゲストアーティストと共に、芸術文化の存在意義、価値を山形から発信します。

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020

現在配信中の
オンデマンドプログラム

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020で、現在公開中のオンデマンド動画です。その他、ライブ配信、ネット販売など、各プログラムの詳細は、以下からご覧いただけます。

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020は、七つのプロジェクトを軸に、当webサイトをプラットフォームにしてオンラインによるコンテンツ配信+各種メディアミックスで展開します。各プロジェクトの詳細は、以下からご覧いただけます。

  • いのちの学校
  • 土と人2020
  • 現代山形考~藻が湖伝説~
  • 10年の器・10年の菓子
  • 山の上の陶器市
  • まちとひと
  • PINK PUBLIC PROJECT
YAMAGATA BIENNALE ARCHIVES
201420162018
ページの先頭へ

お手数ですが簡単なアンケートにご協力お願いします。
複数ある場合は一番印象が強いものをお選びください。

本芸術祭を何で知りましたか?

アンケートへのご回答
ありがとうございました。

送信中