応援する

大和由佳

大和由佳

やまと・ゆか

アーティスト。1978年愛知県生まれ、京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。関東を拠点に、歩行や呼吸、睡眠、発話、食事、洗濯といった、人の生命や生活の基礎となる営みの多義性に関心をもち、映像、パフォーマンス、写真、オブジェなど、さまざまな手法で制作している。近作に、世界人権宣言をモチーフとした映像作品《蜘蛛とeveryone》、ジョセフ·アルバースの色彩研究をもとにしたパフォーマンス作品《アルバースの洗濯》、愛知県旧鳳来町産のバクの化石を起点に、現生のマレーバクと人間の移動を交差させる映像インスタレーション《Long Road, Wrong Move》など。2013年からは、国内外の杖を撮影する《Cane Project》にこつこつ取り組んでいる。
(写真:廣瀬育子)

一覧へ戻る

東北芸術工科大学

応援する