応援する

春原直人

春原直人

すのはら・なおと

画家。2020年東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻日本画領域修了。1996年長野県生まれ。現在山形市を拠点に活動中。
主に山を主題とした作品を制作しており、作家自身が実際に登攀することで蓄積される身体的な動きを筆致に昇華し、抽象的な風景として表現することで、墨や岩絵具といった伝統的な日本画のメディウムを用いながらも、外延性を持った平面作品の新たな可能性を模索している。
主な展覧会に、「シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画 横山大観、杉山寧から現代の作家まで」(ポーラ美術館 2023)、「都美セレクション2022 たえて日本画のなかりせば」 (東京都美術館 2022)、「Walls Are Meant For Climbing Vol.1」(THE NORTH FACE ALTER 2022)、「VOCA展2021」(上野の森美術館 2021)、「春原直人 Fragments from Scaling Mountain」(アートフロントギャラリー 2021)など。

一覧へ戻る

東北芸術工科大学

応援する