応援する

中﨑透

中﨑透

なかざき・とおる

1976年茨城生まれ。美術家。武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程満期単位取得退学。現在、茨城県水戸市を拠点に活動。言葉やイメージといった共通認識の中に生じるズレをテーマに自然体でゆるやかな手法を使って、看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず制作を展開している。2006年末より「Nadegata Instant Party」を結成し、ユニットとしても活動。2007年末より「遊戯室(中﨑透+遠藤水城)」を設立し、運営に携わる(-2021)2011年よりプロジェクトFUKUSHIMA!に参加、主に美術部門のディレクションを担当。近年の主な展覧会に「越後妻有 大地の芸術祭 2022」(新潟)、個展「FICTION TRAVELAR」水戸芸術館現代美術ギャラリー(茨城)など。令和4年度(第73回)芸術選奨新人賞(美術部門)受賞。
nakazakitohru.com

一覧へ戻る

東北芸術工科大学

応援する